お知らせ

【老人協宿舎あおやま】過去と現在を結ぶ縁

 ブログ

みなさん、こんにちは。
老人協宿舎あおやまで寮母をしている竹井といいます。
今日は私のちょっとしたお話をしたいと思います。

私の実家は“老人協宿舎あおやま”の近くにあります。
実家は私が小学校4年生の頃に建てられたもので、かれこれ30年程経ちます。
元々この場所には私の祖母の家があり、夏休み等で度々訪れる所でした。

私がまだ保育園児だった頃は、家の周りは一面草で家等ほとんどない状態でした。

そして小学校1・2年の頃になると少しずつ草地に家が建ちだし、
私が小学校4年生に上がる頃には、近所のマンションを除けば
ほぼ今現在と同じ家々が立ち並んでいました。

flower_line それからまた月日が経ち、近所にシャープの社員寮が建ち、
のちにここが“老人協宿舎あおやま”になるわけですが、
ほんの数年前まで会社勤務していた私にとってそこは
「へぇ!家の近所に老人施設があるんだ」程度にしか正直思っていなかったです。

小さい頃から慣れ親しんだ”青山”という土地。
ある物は消え、またそこに新たな物が生まれる。

私が子供の頃から慣れ親しんだこの土地に、一面草だらけで何もなかった所に、
今、“老人協宿舎あおやま”は建っており、
そこに私がいるというのは、なんとも不思議な気持ちになるのです。

どこか懐かしく優しい町青山に、
皆さんも是非一度いらしてみてはいかがでしょうか。

エイジフリー姫路居宅より ”低栄養について”

 お知らせ

朝晩肌寒くなってきましたね。
気がつけばもう10月も後半、秋ですね。
秋といえば食欲の秋ですが、
先日、厚生労働省の公表では、65歳以上の女性の
低栄養が上昇しているそうです。

thumbnail_ochiba

【 “低栄養” になるとどうなるんでしょう?】
graph_malnutrition1
↑このような健康リスクが心配されます。

【低栄養の予防とケア】
《1日3食食べる》1回に食べる量が少ないため、1日3食食事をしないと1日に必要なエネルギーやたんぱく質が不足します。
また規則正しい食事リズムは生活リズムを整えることにもなり、活動することで空腹感も感じられ、きちんと食事がとれます。
《楽しい食事にし、美味しく食べる》
デイサービスなど地域支援事業に参加し、外出する機会をつくり誰かと一緒に食事をし、楽しむようにします。
《バランスよく食べる》
菓子パンや麺類など単品メニューにせず、肉、魚、卵、乳製品、大豆製品などたんぱく質を多く含む食品を毎食おかずに1品入れましょう。好きな物だけに偏らず、少量でバランスよく食べましょう。
job_eiyoushi

【テクノエイド便り】2017年秋号☆

 お知らせ

テクノエイド便り、秋号が完成いたしました 。

はつらつ活動史や生活コラム、ご当地*お国自慢、
恒例となっている職員紹介もありますよ!

また皆様からの、疑問・質問等もお待ちしております。
お気軽にお問合せくださいませ!

PDFはこちらをクリック

【デイ】プラバンづくり【あい手芸のお時間】

 お知らせ

デイサービスでは月に2回ほど選択日を設けています。
ゲームまたは手芸のどちらかを選択し、取り組んでいただきます!
手芸は、題して『あい手芸のお時間』。なんとも清楚な雰囲気です。
今回は10月の手芸”プラバンづくり”をご紹介いたします。

昔懐かしいプラバン。80年代~90年代前半にかけて流行していました。
そしてまたその流行が!イマドキのプラバンは少し進化しているようで…
では、その工程を見ていきましょう!(長いですが最後までお付き合いください!)

<材料(100円均一で揃います)>
プラバン(色鉛筆が使用できる、半透明フロストタイプを使用)
油性黒マジック、色鉛筆、ハサミ、穴あけパンチ、オーブントースター
アルミホイル、クッキングシート、雑誌、トップコート(マニキュア用)
お好みのキーホルダーやストラップ、お好みの絵やイラスト(少し大きめのもの)

①プラバンのツルツルした方に、油性黒マジックでイラストを写す。
(プラバンは加熱すると縮むので、少し大きめにイラストを写しましょう)
day_47

②イラストをハサミで切っていく。ハサミの根元の方を使い切るのがコツ。

③プラバンのザラザラした方に、色鉛筆で好きな色を付けていく。
色が付け終わったら、なるべく端の方に穴あけパンチで穴をあける。
day_44

④アルミホイルをぐしゃぐしゃにして広げてオーブントースターに入れ予熱する。

⑤予熱したオーブントースターにクッキングシートを敷き、
色を付けたプラバンを乗せ、40秒~50秒ほど加熱する。
(プラバンの入っていた袋の、ワット数・加熱時間を参照してください)
day_45

⑥縮まりが落ち着いたらクッキングシートごと取り出し、
開いた雑誌のうえに乗せ、上からクッキングシートをかぶせて雑誌を閉じる。
(プラバンの反り返りを防ぎます。必要に応じて、重しをのせてもOKです)

⑦熱が冷めたら取り出し、色鉛筆で色付けした方にトップコートを薄くぬる。
(あまりたくさんつけてしまうと、色落ちしてしまいます)

⑧お好みのストラップを穴に通せば、できあがり★
day_46

今回は色鉛筆で色付けしましたが、マジックなどでもいいそうです。
世界に一つしかない、オリジナルのプラバンができました!

ご利用者様も自分の好きな色をぬり、縮む様子を見てびっくりされていました。
完成したプラバンに皆さま、満足気なご様子でした!

是非、あなたも自分だけの”プラバンづくり”に挑戦してみてくださいね♪

※オーブントースターを使いますので、やけどや火事には十分にお気をつけ下さい

あいデイサービス(永橋)

【語りあい新聞】2017年秋号★

 お知らせ

語りあい新聞の2017年秋号が完成いたしました。

季節便りのコーナーでは、今が旬のものに注目!
季節のレシピも公開しています。
ヘルパーさんに頼んで作ってもらうもよし!是非一度ご賞味ください。

皆様の疑問・質問等もお待ちしております。
またお家に来られているヘルパーさんとの話題にどうでしょうか。

PDFはこちらをクリック

【あいヘルパーステーション】リスクマネジメント研修

 お知らせ

この度のヘルパー研修は「リスクマネジメント」について行いました。
事故再発防止に出来る事は・・・という事で、

事故が起きた時、一律にヘルパーのミスが原因とお考えの方もいるかと思いますが、
実際のところ、現場には様々なリスクが潜んでおり、正しい原因の分析が出来ないと再発を防止する事が出来ません。
今回は2つの事例を挙げ 事故の原因と対策 をみんなで考えました。

helper_06

まず始めに、事故には「防げない事故」と「防ぐべき事故」の2つがあることを伝え、
「防げない事故」は不可抗力ですが、「防ぐべき事故」についてはどう再発防止の徹底を行うのか!という所で研修を進めていきました

みなさん、豊富な経験と実績をもとに様々な意見を出して下さいました。

我々あいヘルパーステーションでは、この様な研修を毎月行っています。
利用される方々へよりよいサービスを提供するため、今後も真剣に取り組んでいきます!

最近の投稿

カテゴリー