お知らせ

【語りあい新聞】2018年冬号★

 お知らせ

語りあい新聞の2018年冬号が完成いたしました。

今回は以前より好評をいただいておりますシルバー川柳が限定(?)復活!
おかしくも共感できる厳選された一句をご紹介しております。

また季節のレシピではメイン料理と物足りない方へもう一品ご紹介。
ヘルパーさんに頼んで作ってもらうもよし!是非一度ご賞味ください。

皆様の疑問・質問等もお待ちしております。
またお家に来られているヘルパーさんとの話題にどうでしょうか。

PDFはこちらをクリック

【テクノエイド便り】2018年冬号☆

 お知らせ

テクノエイド便り、冬号が完成いたしました。

はつらつ活動史や生活コラム、ご当地*お国自慢、
恒例となっている職員紹介もありますよ!

また皆様からの、疑問・質問等もお待ちしております。
お気軽にお問合せくださいませ!

PDFはこちらをクリック

 

【ふれあいサロン】のじぎく賞授賞式

 お知らせ

みなさん、こんにちは。
日に日に寒さも厳しくなってきておりますが、元気でお過ごしでしょうか。

この記事では、昨年12月27日の青山ふれあいサロンで行われた、
”のじぎく賞”の授賞式の様子をお伝えしたいと思います。

青山中央集会所に地域の方々が集まっている中で授賞式が執り行われました。
地域の方に見守られながら、嬉しい気持ちで授賞式を見ていました。

そもそも”のじぎく賞”とは、兵庫県内で、日常見聞される身近な善行を積んだ
個人や団体を称えるための素晴らしい賞なのです。

今回の授賞式には、兵庫県の方から代表の方2名が来られており、
(株)テクノエイドケアセンター姫路代表取締役の三木、統括の松本が
その輝かしい賞を授賞させていただきました。

hureai_03

認知症カフェなどの地域の方への活動がこうして実を結ぶことができ、
社員一同嬉しく思っております。

授賞式の後には、青山ふれあいサロンを運営する青山1000人会の方から
贈呈品の授与があり、こちらもありがたく頂戴いたしました。

今後も地域の皆さんのそばに寄り添っていけるよう
努めていきたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。

この度は本当に、ありがとうございました。

新年のごあいさつ

 お知らせ

新年、明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

また、旧年中は、多大なるご尽力をいただき、
本年も、更なるサービスの向上に努めて参りますので、より一層のご支援、
お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

 

㈱テクノエイドケアセンター姫路

【デイ】あいクリスマス会【H29年】

 ブログ

今年もデイサービスでは第14回目ぐらい!?のクリスマス会を行いました。
「昨年、一昨年とは一味違うクリスマス会にしてみたい」
他部署の方々と一丸になって新たな企画を立ち上げ、
寝る間も惜しんで昼寝して臨みました!

まずオープニングを飾ってくれたのは、テクノエイドハンドベル隊による
ハンドベル演奏です。仕事の合間を縫って練習した成果を披露して下さいました。
演奏中はご利用者様も口ずさまれたり、手拍子を打ったりと一緒に楽しみました。

day_49

次に紅白歌合戦では、デイサービス職員と民生委員さんによるマジックショー。

day_48

今話題の芸人さんのモノマネショー。

day_52

大物歌手!?による歌謡ショーを行いました。

day_50day_51

ご利用者様も職員も大爆笑のショーとなりました!
「まさかあの職員さんが!?」と驚く声もありましたね(笑)

歌合戦の後は、ご利用者様にクリスマスケーキのデコレーションに挑戦して頂き、
可愛く盛り付けをされていました。
トナカイさんとサンタもやってきて、クリスマスプレゼントを配ってくれました。
そして貴重なトナカイさんとサンタとの記念撮影会が行われました!
皆さんとても良い表情で、いきいきとされていましたね。

皆さんの思い出に残るクリスマス会となったのではないでしょうか。
来年はまた一風違った内容をお届けしたいと思います。

デイサービス(佐保田)

【老人協宿舎あおやま】過去と現在を結ぶ縁

 ブログ

みなさん、こんにちは。
老人協宿舎あおやまで寮母をしている竹井といいます。
今日は私のちょっとしたお話をしたいと思います。

私の実家は“老人協宿舎あおやま”の近くにあります。
実家は私が小学校4年生の頃に建てられたもので、かれこれ30年程経ちます。
元々この場所には私の祖母の家があり、夏休み等で度々訪れる所でした。

私がまだ保育園児だった頃は、家の周りは一面草で家等ほとんどない状態でした。

そして小学校1・2年の頃になると少しずつ草地に家が建ちだし、
私が小学校4年生に上がる頃には、近所のマンションを除けば
ほぼ今現在と同じ家々が立ち並んでいました。

flower_line それからまた月日が経ち、近所にシャープの社員寮が建ち、
のちにここが“老人協宿舎あおやま”になるわけですが、
ほんの数年前まで会社勤務していた私にとってそこは
「へぇ!家の近所に老人施設があるんだ」程度にしか正直思っていなかったです。

小さい頃から慣れ親しんだ”青山”という土地。
ある物は消え、またそこに新たな物が生まれる。

私が子供の頃から慣れ親しんだこの土地に、一面草だらけで何もなかった所に、
今、“老人協宿舎あおやま”は建っており、
そこに私がいるというのは、なんとも不思議な気持ちになるのです。

どこか懐かしく優しい町青山に、
皆さんも是非一度いらしてみてはいかがでしょうか。

最近の投稿

カテゴリー